【Sport for Tomorrow】柔道「日本大使杯」の開催

 10月6日,グアテマラ市の柔道連盟において第2回柔道「日本大使杯」が開催されました。2020年東京オリンピック・パラリンピック大会を見据え,スポーツを通じた国際協力および交流を推進する「Sport for Tomorrow」の一環として開催された同大会には,昨年に引き続き,グアテマラ各県を代表する青少年の選手約175名が参加し,男女体重別(8カテゴリー)の各県代表者による白熱した試合が行われました。
 

白熱した決勝戦
 
 県対抗で,金メダルをより多く取得した上位3位までの各県代表者(グアテマラ県,ケツァルテナンゴ県,アルタ・ベラパス県)に古谷大使から大使杯を授与しました。

 今後も「日本大使杯」を継続することで,グアテマラにおける柔道が更に全国に普及し,強化されることを期待しています。
 
入賞県代表への大使杯トロフィーの授与 グアテマラ柔道連盟幹部
  
メダリスト達との集合写真