平成29年度対グアテマラ草の根・人間の安全保障無償資金協力: 「エル・スフ集落ガルシア地区小学校建設計画」 贈与契約署名式

 2018年3月21日,在グアテマラ日本国大使館において,ワールド・ビジョン・グアテマラとの間で,「ウエウエテナンゴ県アグアカタン市エル・スフ集落ガルシア小学校建設計画」に関する贈与契約署名式を開催しました。

 本案件は,児童の学習環境と衛生環境の改善のため,ワールド・ビジョン・グアテマラに対し,90,818米ドル(約66万ケツァル)を供与し,同団体の協力の下,アグアカタン市に所在するエル・スフ集落ガルシア地区小学校に,4教室・トイレ・調理室,汚水槽,舗道を新たに建設・整備するものです。
(写真左から:小学校校長,ワールド・ビジョン・グアテマラ代表,
古谷大使,アグアカタン市長)
(古谷大使による挨拶)
(式典には,多数の関係者が出席)    (記念品を受け取る,本案件実施集落の子どもたち)

 本署名式は,ワールド・ビジョン・グアテマラ代表,アグアカタン市長,対象児童,保護者等を迎え,和やかな雰囲気の中で行われました。これまで小学校が存在しないために児童が他学区まで長く危険な通学を強いられていたガルシア地区において,各種設備を備えた小学校を新規建設する点に大きな意義のある本案件を通して,140名以上の児童の学習環境の大幅な改善が見込まれています。出席者からは,日本政府の支援に対し感謝の意が示されるとともに,完成後は地域住民が力をあわせて維持管理していく決意が述べられました。