第21回日本語弁論大会

   5月12日(土),国立サン・カルロス言語センター(CALUSAC)講堂にて,第21回となる日本語弁論大会を開催しました。本大会における優勝者は,国際交流基金の助成による日本招へいプログラムに推薦され,日本語および日本文化への理解を深めることが期待されています。
 
            (第21回日本弁論大会参加者)
 
(今回の優勝者,シャノン・カップさん) (文部科学省国費留学生プログラム説明会)
 

  昨年に引き続き,近年実施されていなかった初級クラスによるコンテストを導入した結果,多くの方々の参加が得られ,各自がそれぞれのテーマに沿って,日本語でスピーチを行いました。また,この機会に,文部科学省外国人国費留学生プログラムに関する説明会を実施しました。
  このような機会を通じて,グアテマラにおける日本語教育の裾野が広がっていくことを期待しています。